casa T

Milan, Italy

キッチンを移動させてリビングとつながるようにし、既存のバスルームをリフォームすることで、2つのエリア(パブリックとプライベート)間を小さくして無駄な空間を省いたプロジェクトです。

パブリックゾーンでは、移動した新しいキッチンとリビングルームをつなぐ開口部はガラス製のスライドドアを採用し、奥行きのある広さを演出しています。
プライベートゾーンでは、既存の小さなバスルームを広げ、さらにウォークインクローゼットを追加したメインベッドルームがあります。元々キッチンがあった場所には子供部屋を設け、バスルームのあった部分を取り入れることでより広くなっています。

メールにてお気軽にご相談ください