casa GK
2016, Milan, Italy
100年以上前に建てられたアパルタメントのリノベーションです。家の両端にあったベッドルームとキッチンを入れ替えることで、現代の生活に合った広々としたリビングとゾーン分けされたプライベートスペースが出来ました。

1900年代初頭まで遡る既存の壁や天井と床の仕上げを維持しつつ、独自の魅力を引き出すのが私達の課題でした。

広々としたリビング(2部屋をつなげたもの)には、特注のミニマルなキッチンがまるでひとつの家具のように存在し、ミラノ在住のアーティスト・長尾智子氏の作品「ヴィーナスの誕生」と調和しています。
このリビングは必要に応じて、スライディングウォールで間仕切ることが出来ます(例えばゲストルームとして利用できます)。

新しい主寝室には、レジンで仕上げた床にシャワーブースのある小さなバスルームがあり、部屋の広がりを視覚的に保つためにガラスの扉で仕切られています。
とてもシンプルなデザインの洗面台は、独立させて窓際に配置しました。

“家の両端にあったベッドルームとキッチンを入れ替えることで、現代の生活に合った広々としたリビングとゾーン分けされたプライベートスペースが出来ました”

メールにてお気軽にご相談ください